採用情報 更新しました

現在、以下の職員を募集しております。

[ 新卒採用 ]

  • 介護福祉士       正規職員  3名
  • 社会福祉士       正規職員  1名
  • 介護士(高校卒)    正規職員  3名

                                                詳しくは、採用情報をご覧ください。        

            

     

     

     

    平成31年度 第2回 事故防止委員会施設内研修

    事故防止委員会が施設内研修を行いました。

    実施日時・場所・参加者

    グループ名 開催日時 開催場所 参加者数
    特養いきいき 令和1年12月20日14:30~15:00 面談室3 2名
    特養のんびり 令和1年12月25日14:30~15:00 会議室 8名
    特養なごみゆったり 令和1年12月26日9:30~10:00 面談室3 10名
    特養ほのぼのゆうゆう 令和1年12月24日9:30~10:00 家族室 8名
    デイサービス 令和1年12月16日17:00~17:30 デイサービスホール 12名

     

    研修目的

    職員一人ひとりがマニュアルに沿って確実に対応ができるよう
    与薬マニュアル・配膳マニュアルについて理解する

    研修内容

    与薬・配膳マニュアルから方法、手順に関するテスト問題
    ②解答説明
    ③質疑応答

    研修を終えて(感想抜粋)

    • 普段の仕事の内容について再確認するいい機会になった。
    • 配膳時に蓋を取る目的が分かった。その後は目的に沿った行動できるようになっている。
    • 事前に各マニュアルを配布し、研修したことでより理解できてよかったと思われる。
    • 与薬や配膳はご利用者にとって大事なことなので今後も定期的に研修会を計画してほしい。

     

     

     

    平成31年度 看取りケア研修

    看取りケア委員会が施設内研修を行いました。

    実施日時・場所・参加者

    ・実施日時:令和1年12月12日 19:00~20:15
    ・実施場所:法人内 会議室
    ・参加者 :25人

    研修目的

     夜勤時、利用者の体調に急変があった場合、各グループの介護職員が協力し、併せて、
    看護職員、医師との連携を図りながら対応することが求められる「医療等に関する確認書」
    に基づき急変時、蘇生処置ができる

     

    研修内容

     ①ロールプレイ
         夜勤時に呼吸停止があった場合を想定し、グループ毎に役割を決めて
         ロールプレイを行う
     ②グループワーク
         

    研修を終えて

     1.グループワークより抜粋
      ・慌てずに行動がとれるようAEDや個別ファイル、マニュアルの場所を確認することが重要である。
      ・夜勤勤務に就く前に心肺蘇生研修を行い実際にそういった場面に遭遇しても落ち着いて対応できる
      ようにしたい

     

     

     

    平成31年度 第1回褥瘡対策委員会 施設内研修

    褥瘡対策委員会が外部講師をお招きし、施設内研修を行いました。

    実施日時・場所・参加者

    ・実施日時:令和1年11月13日 17:00~18:00
    ・実施場所:法人内 会議室
    ・参加者 :36名

    研修目的

    ①IAD(失禁関連皮膚炎)の予防方法を学ぶ
    ②正しい陰部洗浄ができる

    研修内容

    ①講義・実技指導(50分)
      講義:治すより予防! 要介護高齢者のスキンケア
          1.リスクを知る
          2.おむつ装着部位のスキンケア
          3.陰部洗浄のすすめ
      講師:ユニ・チャーム株式会社 石月由美子様


    ②質疑応答   (5分)
    ③アンケート  (5分)

    研修を終えて(感想抜粋)

    ・実践練習ができたのでわかりやすかった。
    ・皮膚トラブルのない支援のためにも知り得た事を実行する。
    ・皮膚状態の観察の視点やケア方法など詳しい話が聞けて良かった。
    ・実際に模型を用いたことでわかりやすかった。

    平成31年度 感染症に関する研修会(第1回、第2回)

    感染症対策委員会が感染症に関する研修会を行いました。

    第1回 感染症発生時の対応について

     ~目的~

        ①利用者感染症対策マニュアルの実践
          利用者感染症対策マニュアルに基づき、利用者が感染症発生時に迅速で適切な
          対応ができるよう研修を通し知識を身につける
        ②感染症に伴う勤務可能日マニュアルの実践
          感染症に伴う勤務可能日マニュアルに基づき、感染症発生時に各自適切な
          判断と対応ができる

     ~開催日時・場所・参加者数~

    グループ名 開催日時 開催場所 参加者数
    特養いきいき 令和1年6月18日
    14:30~15:00
    面談室3 9名
    特養のんびり

    令和1年6月26日
    14:30~15:00

    会議室 11名
    特養なごみゆったり 令和1年6月27日
    9:30~10:00
    面談室3 11名
    特養ほのぼのゆうゆう 令和1年6月26日
    9:30~10:00
    家族室 12名
    デイサービス 令和1年6月25日
    17:00~17:30
    デイホール 22名

     ~研修内容~

      ・感染症対策委員が目的に沿った問題を作成し、研修時参加者に配布
      ・参加者各自が回答を記入後、グループで意見交換を行い、研修委員会の示した回答と照会し
       感染症発生時の対応を再確認した
        ○問題用紙
        ○回答

     ~研修を終えて(研修後アンケート抜粋)~

      ・事例に基づいて具体的な対応や報告の方法を再確認でき、実践で活かしていけそうだ。
      ・感染を広げてしまうことのないよう、早めの対策を心掛けたい。
      ・日頃からマニュアルを意識し、事象が起こった時に適切な対応がとれるようにしたい。
      ・自身の健康管理は感染を拡大しないためにも判断を誤らず行っていく。

     

    第2回 嘔吐時の対応と標準予防策について


     ~目的~

        ①嘔吐時の対応(吐物の初期処理)
          『施設内の嘔吐物の処理』をマニュアルに基づき、
          各自適切な対応ができる
        ②標準予防策(手洗い・マスク)
          『標準予防策(スタンダード・プリコーション)』のうち
          手洗い・マスクの着脱がマニュアルに基づき正しく実施できる

     ~開催日時・場所・参加者数

    グループ名 開催日時 開催場所 参加者数
    特養のんびり 令和1年10月30日
    14:30~
    会議室 15名
    特養なごみゆったり 令和1年10月31日
    9:30~
    家族室 15名
    特養ほのぼのゆうゆう 令和1年10月29日
    9:30~
    家族室 13名
    デイサービス 令和1年10月29日
    17:00~
    デイホール 21名

     ~研修内容~

      感染症対策マニュアル抜粋(吐物処理)、マスクの装着・手洗いのポイントの資料を配布し
      対策の再認識を行う  

     

     ~研修を終えて(研修後アンケート抜粋)~

      ・嘔吐があった時、手際よく間違うことなく落ち着いて対応したい。
      ・手洗いとマスクの着用方法がおざなりになりがちなので、気を付けるように心がけたい。
      ・在宅では、本人への対応に気が向き、介護者の媒介による感染拡大が生じることもあり、
       今回学んだ「協力の依頼」「媒介防止」などを意識していきたい。
      

     

     

    加治川小学校4年生 認知症サポーター養成講座

     令和元年12月4日(水) 9:30~10:15 に、加治川小学校4年生を対象として『認知症サポーター養成講座』を開催いたしました。
     新発田北地域包括支援センターとして、小学生を対象にした『認知症サポーター養成講座』は4度目になりました。
     認知症サポーター養成講座の内容は、前回藤塚小学校で行った講座と同様、分かりやすく楽しく理解できるように工夫をした講義と寸劇を行いました。


    参加した小学生から
    ・「認知症は治らないの?」
    ・「認知症はいろんなタイプがあるの?」
    ・「毎年、何人くらい認知症になるの?」
    ・「若い人も認知症になるの?」
    等の講義内容に沿った質問があり、一つ一つ回答しました。

     熱心に講義を聞いてメモを取ったり、質問したりする様子を見て、いろいろなことを感じ取り、学習していただけたと感じました。

     今回で、私たち新発田北地域包括支援センターが担当している紫雲寺地区・加治川地区のすべての小学校で認知症サポーター養成講座を開催させていただきましたが、これからも多くの小学生の皆さんが認知症について学べる機会を作っていきたいと考えています。

    市民向けフォーラムを開催いたしました

    令和1年11月16日(土) 14:00~15:30 健康プラザしうんじ 多目的ホールにて、市民フォーラムを開催しました。紫雲寺地区の住民の方48名と医療介護関係者10名の参加がありました。
     地域の方が、住み慣れた自宅で最期まで過ごすために、医療機関や介護事業所がどのように関わっていくのか、参加者にわかりやすく伝えるため、新発田北地域包括支援センターや法人の職員もメンバーとして参画している北圏域多職種連携の会が、何度も何度も話し合いを重ね開催に至りました。

     当日は、平塚ファミリークリニックの平塚雅英院長から、自分自身がどのように過ごしていくのかを家族や介護・医療機関関係者と元気なうちから何度も話し合う「人生会議」についてお話いただきました。

     その後の寸劇では、笑いあり涙ありの内容で、寝たきりになっても認知症になっても住み慣れた自宅で最期まで過ごす方法を紹介しました。
     寸劇の最後には、平塚雅英医師のサックス演奏で会場全員が「川の流れのように」を熱唱し華やかに終えることができました。

    退院時カンファレンス

    退院時カンファレンス

    退院時カンファレンス

     本人の意思表示

     本人の意思表示

     本人の意思表示

     主治医が往診

     主治医が往診

     主治医が往診

     歯科医師も自宅に

     歯科医師も自宅に

     歯科医師も自宅に

     合唱

     合唱

     合唱

    previous arrow
    next arrow
    Slider

     

     参加した方からは、「施設を希望していたけど、自宅ですごせるなら自宅で最期を迎えたい」「家にいたい気持ちはあるが、面倒をみる家族に迷惑はかけたくない。これからどうするか話し合っていきたい」という意見をいただきました。

     1度のフォーラムではなかなか伝えきれない内容であることや、今回参加できなかった方が参加できるように、次回開催に向け動き出します。

     ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
     また、開催にあたりご協力いただいた関係者の皆さまに感謝申し上げます。

    市民向けフォーラムを開催いたします❕

    令和元年11月16日(土)14時から、健康プラザしうんじの多目的ホールで、主に紫雲寺地区にお住いの方を対象とした市民向けフォーラムを開催いたします。

    フォーラムでは、住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために、どのようにして医療機関や介護保険サービス事業所が関わり、支援していくのか、講話や劇を通じてわかりやすくお伝えします。

    講話は、平塚ファミリークリニックの平塚雅英院長に講師を依頼しました。
    劇は、地域の医療関係者、介護保険サービス事業所の有志と平塚院長、また、特別出演の河内歯科医院の河内康之院長が熱演いたします。

    皆様の参加をこころよりお待ちしております。

    市民向けフォーラムinしうんじ

    ぶどう狩り

    令和元年9月27日(金)特養なごみ・ゆったりグループで吉田誠樹園さんにぶどう狩りに行ってきました。

    当日は天候にも恵まれ、吉田誠樹園さんまでの道のりは暖かい日差しの中快適なドライブとなりました。

    現地では、皆様数種類のぶどうを「甘いね」「おいしいね」と笑顔で召し上がっていました。