加治川小学校4年生 認知症サポーター養成講座

 令和元年12月4日(水) 9:30~10:15 に、加治川小学校4年生を対象として『認知症サポーター養成講座』を開催いたしました。
 新発田北地域包括支援センターとして、小学生を対象にした『認知症サポーター養成講座』は4度目になりました。
 認知症サポーター養成講座の内容は、前回藤塚小学校で行った講座と同様、分かりやすく楽しく理解できるように工夫をした講義と寸劇を行いました。


参加した小学生から
・「認知症は治らないの?」
・「認知症はいろんなタイプがあるの?」
・「毎年、何人くらい認知症になるの?」
・「若い人も認知症になるの?」
等の講義内容に沿った質問があり、一つ一つ回答しました。

 熱心に講義を聞いてメモを取ったり、質問したりする様子を見て、いろいろなことを感じ取り、学習していただけたと感じました。

 今回で、私たち新発田北地域包括支援センターが担当している紫雲寺地区・加治川地区のすべての小学校で認知症サポーター養成講座を開催させていただきましたが、これからも多くの小学生の皆さんが認知症について学べる機会を作っていきたいと考えています。

市民向けフォーラムを開催いたしました

令和1年11月16日(土) 14:00~15:30 健康プラザしうんじ 多目的ホールにて、市民フォーラムを開催しました。紫雲寺地区の住民の方48名と医療介護関係者10名の参加がありました。
 地域の方が、住み慣れた自宅で最期まで過ごすために、医療機関や介護事業所がどのように関わっていくのか、参加者にわかりやすく伝えるため、新発田北地域包括支援センターや法人の職員もメンバーとして参画している北圏域多職種連携の会が、何度も何度も話し合いを重ね開催に至りました。

 当日は、平塚ファミリークリニックの平塚雅英院長から、自分自身がどのように過ごしていくのかを家族や介護・医療機関関係者と元気なうちから何度も話し合う「人生会議」についてお話いただきました。

 その後の寸劇では、笑いあり涙ありの内容で、寝たきりになっても認知症になっても住み慣れた自宅で最期まで過ごす方法を紹介しました。
 寸劇の最後には、平塚雅英医師のサックス演奏で会場全員が「川の流れのように」を熱唱し華やかに終えることができました。

退院時カンファレンス

退院時カンファレンス

退院時カンファレンス

 本人の意思表示

 本人の意思表示

 本人の意思表示

 主治医が往診

 主治医が往診

 主治医が往診

 歯科医師も自宅に

 歯科医師も自宅に

 歯科医師も自宅に

 合唱

 合唱

 合唱

previous arrow
next arrow
Slider

 

 参加した方からは、「施設を希望していたけど、自宅ですごせるなら自宅で最期を迎えたい」「家にいたい気持ちはあるが、面倒をみる家族に迷惑はかけたくない。これからどうするか話し合っていきたい」という意見をいただきました。

 1度のフォーラムではなかなか伝えきれない内容であることや、今回参加できなかった方が参加できるように、次回開催に向け動き出します。

 ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 また、開催にあたりご協力いただいた関係者の皆さまに感謝申し上げます。

市民向けフォーラムを開催いたします❕

令和元年11月16日(土)14時から、健康プラザしうんじの多目的ホールで、主に紫雲寺地区にお住いの方を対象とした市民向けフォーラムを開催いたします。

フォーラムでは、住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために、どのようにして医療機関や介護保険サービス事業所が関わり、支援していくのか、講話や劇を通じてわかりやすくお伝えします。

講話は、平塚ファミリークリニックの平塚雅英院長に講師を依頼しました。
劇は、地域の医療関係者、介護保険サービス事業所の有志と平塚院長、また、特別出演の河内歯科医院の河内康之院長が熱演いたします。

皆様の参加をこころよりお待ちしております。

市民向けフォーラムinしうんじ

藤塚小学校3年生 認知症サポーター養成講座

 令和元年10月24日 藤塚小学校3年生を対象に
『認知症サポーター養成講座』を開催しました。
 新発田北地域包括支援センターで、小学生を対象にした
『認知症サポーター養成講座』の開催は3度目です。

 

 小学生の皆さんが認知症のことをよく理解できるよう、講義は、言葉を分かりやすく、話があまり長くならないように工夫しました。 
 また、『認知症になった桃太郎おじいさん』の寸劇を通じて、楽しみながら認知症の方との接し方を学んでいただけたと感じています

 

           

参加した子供達からは
  ・認知症は、治るの?
  ・自分の名前も忘れてしまうの?
  ・認知症という言葉は聞いたことがあったけど、どういう意味か初めて分かった
という質問や意見が聞かれ、子供達の声に一つ一つ答えました。

 今回は、認知症の普及啓発を目的としたロバ隊長作成プロジェクトにご協力いただいたボランティア2名にも参加いただき、小学生の皆さんへロバ隊長のマスコットを贈呈しました。

 認知症サポーター養成講座を開催し、藤塚小学校3年生の皆さんが熱心に聞く姿を、私達もとても嬉しく感じました。
 認知症サポーターとなった小学生の皆さんが、今後も認知症の有無にかかわらず、ご高齢の方や困っている方に優しく接していただくことを願っています。

第3回認知症の方とその家族のつどい開催

~むらさきの家『よこたま』~

令和元年9月24日に第3回認知症とその家族のつどいを開催しました。

 今回は、「お月見」をテーマにして、子供の頃の思い出話を語り合ったり、ススキを飾ったりしながら、のんびりと過ごしていただきました。

 その他にも、全員で健康体操に取り組んだり、参加者の方々に歌を歌っていただいたりしながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

参加者は、認知症の方5名、そのご家族が3名の計8名でした。
初めて顔を合わせる方も、すでに顔見知りの方もいらっしゃいましたが、初めから和やかな雰囲気でした。

参加者の方からは、
・とても楽しかった。お月見の話や体操が興味深かったです
・歌の上手い方や趣味をお持ちの方のお話を聞いたり、季節のイベントをしてみたい
という感想をお聞かせいただきました。

次回は、12月17日 火曜日 9:30からの開催予定です。
今後も、認知症の方やそのご家族が参加しやすい居場所づくりに取り組んでいきます。





                      

             
               むらさきの家『よこたま』は
 
          認知症の方とそのご家族の方を対象として

                ・認知症の方とその家族が参加できる
             ・認知症の方を介護している方同士で話し合える
             ・認知症の方同士で話し合える

          そんな場所を作りたいという思いで発足しました。




RUN伴inしうんじ開催!

 令和元年9月8日 9:30~11:30 紫雲寺地区にて、認知症の普及啓発を目的としたRUN伴inしうんじを開催しました。

 RUN伴の趣旨をご理解いただいた7チーム42名の方々が稲荷岡地区周辺の7区間を、オレンジ色のTシャツを着て、タスキをつなぎながら歩きました。

 当日は36度を超える厳しい暑さの中ではありましたが、体調を崩す方もなく、楽しくゴールすることが出来ました。また沿道で、オレンジ色の旗を振って応援してくださる方もいて、大変うれしかったです。

今後も、認知症の方に優しい地域づくりのために、認知症について普及啓発に取り組んでいきます

previous arrow
next arrow
Slider

RUN伴inしうんじ開催 沿道で応援してくださる方大募集

『RUN伴inしうんじ』を令和198日に開催いたします。
 今年はじめて、RUN伴のタスキが紫雲寺地区をかけ抜けます!

◆RUN伴とは◆
RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、 認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。
認知症の人と出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域の人々も、 喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人であることを実感できます。
RUN伴(ランとも)は、そんなあらゆる人々の出会いの場をデザインし、顔の見えるつながりを各地で生んでいます。

                          ⇒RUN伴公式HPはこちら

RUN伴inしうんじを通じて
・紫雲寺地区の住民に認知症について興味をもっていただきたい
・参加者同士が顔の見える関係をつくり、今後の連携に活用することができる
そんな思いを込めて、開催を企画しました。

紫雲寺地区では、雲寺地区民生児童委員の皆さんをはじめ、荷岡消防団知症とその家族のつどい「むらさきの家」の皆さん治川の里別養護老人ホームしうんじさえ愛ゆう圏域多職種連携の会7団体、総勢42人がオレンジ色のTシャツを着て担当するルートを走ります
                                   ⇒ルートはこちら
大勢の方の沿道での応援をお願いします!

RUN伴inしうんじ沿道応援募集

新発田まるごとネットワーク研修会で講師を担当しました

令和元年7月19日に開催された、新発田まるごとネットワーク主催の研修会で、新発田市の地域包括支援センターの代表として当包括支援センターの北澤社会福祉士が講師を担当しました。
当日は、医療従事者、保健師、行政担当、障害者・児童・高齢者の支援従事者等、35名が参加されました。

研修では『地域包括支援センターの役割と各関連機関との連携』というテーマで
  ・地域包括支援センターの業務内容
  ・多職種が連携することの必要性
について、講義を行いました。

グループワークでは『地域包括支援センターとの連携について』というテーマで意見交換しました。グループによってはテーマにこだわらず、様々な立場の方と普段感じている課題について意見交換する貴重な機会となりました。
また、全体の意見交換では
  ・保証人がいない方のアパートを探す時、よい方法はないか?
という質問や
  ・知的障害者の方が高齢になった時に、支援の方法について悩むことがある
などの意見があり、それに対し、行政の生活支援担当者や障害相談支援事業の方がアドバイスをしてくださいました。

この様な研修会を通じて、分野の異なる専門職がお互いの役割を理解し、多職種の連携がこれまでよりもスムーズになるきっかけになればと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新発田まるごとネットワークとは

「新発田地域を誰もが安心して暮らしやすい地域にしたい!!」という思いを抱えた有志の皆さんの集まりです。個別の生活ニーズや地域課題に対してよりよいアプローチを行うために、様々な活動を行っています

地域企業従業員様向け 認知症サポーター養成講座

令和元年7月4日 健康プラザしうんじで 地域企業である『ローカルハック合同会社』の従業員様(2名)に認知症サポーター養成講座を開催いたしました。
『ローカルハック合同会社』は、今年5月に設立された加治川地区で買い物代行サービス等を行われている会社です。開業の挨拶に来訪いただいたことがきっかけとなり、認知症サポータ養成講座を受講していただくこととなりました。

お二人とも真剣にお話を聞いてくださり
・初めてお会いする方が認知症かどうか判断するポイントは?
・認知症と思われる方の対応で困った時は、地域包括支援センターに相談して良いのか?
などの質問をいただきました。

今後、高齢者と接する機会が多くなるお二人に認知症の知識を学んでいただいたこと、とても嬉しく思いました。
高齢者の方たちと関わる機会がある企業の皆さんが、一人でも多く認知症について正しく理解されるよう、これから企業向け認知症サポーター養成講座にも力を入れていきたいと考えています。
関心をお持ちの企業の方は、ぜひお問い合わせください。

第2回認知症の方とその家族のつどい開催

~むらさきの家『よこたま』~

昨年の3月に開催し好評いただきました、認知症とその家族のつどい(むらさきの家『よこたま』)を6月20日に開催いたしました。
認知症の方6名とそのご家族5名 および 認知症の方を支援されているご家族の方1名 計12名の方が参加されました。

当日は、初めて顔を合わせる方もいましたが、すでに顔見知りの方もおり、最初から和やかな雰囲気で、お茶を飲みながら、のんびりと過ごしたり、七夕の短冊を作ったりとゆったりとした時間を過ごしました。また、ハンドベルの演奏では笑いあり、感動ありの素敵な体験をすることができました。

参加された方から
・ハンドベル演奏で頭を使えてよかった
・もう少し長い時間、過ごしたかった
・家で一緒に過ごしている時は、互いにイライラしてしまうこともある
 そういったことをむらさきの家でよく話を聞いてもらい嬉しかった
などの声が聞かれました。
今後も定期的に むらさきの家『よこたま』を開催し、認知症の方とその方を支える方が地域で安心して生活できる場を作っていきます。





                      

             
               むらさきの家『よこたま』は
 
          認知症の方とそのご家族の方を対象として

                ・認知症の方とその家族が参加できる
             ・認知症の方を介護している方同士で話し合える
             ・認知症の方同士で話し合える

          そんな場所を作りたいという思いで発足しました。