平成30年度第2回虐待防止・身体拘束適正化委員会主催施設内研修 ~スピーチロック~

第1回虐待防止・身体拘束適正化委員会主催施設内研修において、「虐待防止・身体拘束適正化のための指針」周知を実施したところ、日々の業務の振り返りの大切さについての意見が多く聞かれました。
それを受け、委員会では、昨年度研修を行った「スピーチロック」について、その後の日々のケアでどう活かされたのか振り返りを行うとともに、「スピーチロック」の再認識をするための研修を各グループ毎に開催いたしました。

実施日

グループ 開催日時 開催場所 参加人数
デイサービス 平成31年2月18日(月) 17:00~17:15 デイホール 25名
特養 ほのぼの 平成31年2月25日(月) 10:30~10:50 家族室 6名
特養 なごみ 平成31年1月31日(木) 10:35~10:50 家族室 12名
特養 のんびり 平成31年2月27日(月) 14:30~15:00 家族室 7名
特養 いきいき

平成31年2月25日(月)
      ~3月8日(金)

介護士室 7名

 

57名

研修目的

「スピーチロック」が身体拘束につながることを再確認し、普段の言葉掛けを振り返り、利用者の尊厳を守りながら行動を抑制しない言葉掛けができるようになること。

研修内容

事前に、日々の業務内でスピーチロックにつながる言葉掛けが行われているか、またその原因と対策についてを記述するアンケートを配布し、委員会でまとめた結果を基に、各グループ会議の場を借りて、アンケートの結果を伝え、「スピーチロック」が身体拘束につながることを再確認する。

 

~スピーチロックにつながる言葉と原因、対策について 抜粋~
(1)スピーチロックにつながる言葉
 ・ちょっと待っててね
 ・ここに居て下さい
 ・動かないで下さい
 ・座ってて下さい
 ・危ないからここにいて
 ・どこいくの
(2)原因と対策
 《原因》
   利用者の見守りの際、その場を離れられないという思いと、
   事故などを起こしたくないという思いから
 《対策》
   ・利用者理解と優先順位(生理的欲求に対しては優先度が高い)を理解し、
    その場を離れて良いかどうかの適切な判断をできるようにする。
    又は、予測できるようにする
   ・どの時間帯に職員が少なく、利用者が多くいる状況があるのか、また、
    スピーチロックが多く聞かれる場面があるのかを分析し、見守り体制が適切かを検討する
   ・納得いただいてできるだけご理解いただける理由を説明し、待っていただいたことの
    感謝を伝える

平成30年度第1回虐待防止・身体拘束適正化委員会主催施設内研修

 当法人では、「虐待防止・身体拘束適正化のための指針」に基づき、職員一人ひとりが虐待や身体拘束から受けるご利用者の身体的・精神的弊害を理解し、虐待や身体拘束をしないケアの実施に努めています。

 このたび、国の通達に基づいて「身体拘束廃止に関する指針」の内容を変更・追加して「虐待防止・身体拘束適正化のための指針」に改定し、この指針の周知を目的に施設内研修を行いました。

実施日

グループ名 研修日時 参加者
デイサービス 平成30年10月31日18:00~18:15 26名
特養 ほのぼのゆうゆう 平成30年11月8日10:30~10:50 11名
特養 なごみゆったり 平成30年11月29日9:30~10:00 14名
特養 のんびり 平成30年12月1日~12月10日 12名
特養 いきいき 平成30年12月15日~12月18日 8名
特養 医務 平成30年12月20日~平成31年1月8日 7名
78名

研修内容

虐待防止委員が指針を説明した

研修を終えて

 身体拘束廃止に虐待防止の内容が加えられた指針に変更された内容をもとに、日頃のケアを振り返った。「虐待につながる行為」につながるとの意識がなくても、関わりの内容によっては虐待や身体拘束に繋がる可能性があることに気付くことができた。
 日頃のケアを振り返り日々の行動を改めることでケアの質の向上に繋がることを学んだ。

 

 

 

平成30年度 吸引・経管栄養に関する研修

 特別養護老人ホームでは介護職員による医療行為(たんの吸引)ができる体制を整えています。

 定期的な実施体制の評価・検証を目的に、吸引に関する安全対策委員会が「吸引・経管栄養に関する施設内研修」を開催しました。

開催日

グループ名 研修日時 参加者
ほのぼのゆうゆう 平成30年9月25日9:30~10:00 8名
いきいき 平成30年9月25日14:30~15:00 4名
のんびり 平成30年9月26日14:30~15:00 4名
なごみゆったり 平成30年9月27日9:30~10:00 7名
23名

研修目的

特定医療行為が安全に実地できているかを再確認する

研修内容

  1. 吸引と経管栄養実地に関する問題を個人ワークし、その後、委員会が解答説明
  2. 胃ろうチューブ(輸液セット)の洗浄方法と吸引器の簡単な構造説明

内容の一部抜粋

〈吸引に関する問題〉

  • 吸引を開始する際の「吸引圧」はどれくらいでしょうか?
                                      20KPa
  • 1回の吸引時間はどれくらいでしょうか?
                                      10~15秒

〈経管栄養に関する問題〉

  • さ湯を注入後の観察事項について下記の(  )内に記入してください
             気分不快感  腹部膨満感  ( 嘔気・嘔吐 )  腹痛
             ( 呼吸困難 )

 

研修を終えて 

研修参加者の感想(抜粋)

  • 吸引・経管栄養についての注意事項を再確認できた。
  • 時間が経つと忘れてしまいがちになるので繰り返し確認することが大事だと思った。

委員会の講評

  • 吸引や経管栄養の手段や手技は、上記のとおりの職員の感想もあり、定期的な評価・検証を今後も実施していく。

 

 

 

 

看取りケア研修会

 看取りケア委員会では、入所から退所までその人らしい生活支援ができるよう定期的に研修を実施しています。今回の研修会のテーマ選定にあたり、職員が日ごろ悩んでいる“食事の提供(摂取)”について取り上げました。
 人は日常生活の中で死期に近づくと心身の状態変化に伴い食事量の変化がありますが、介助する職員の思いとしては「少しでも口から食べてもらって元気に過ごしてもらいたい」「でも、食べること自体が利用者にとって苦痛になっているのでは」という相反する思いでご利用者と向き合っていることが分かりました。
 このような職員の悩みが解消され、安心してご利用者への支援ができることを目的に『状態変化時の利用者への食事提供』をテーマに研修会を開催しました。なお、ご利用者へのサービスにあたっては、各職種間の協働・連携が大切であり、特養ホームに勤務する全職種(生活相談員、ケアマネジャー、看護職員、介護職員、機能訓練指導員、管理栄養士)を対象に研修会を行いました。

実施日

平成30年9月19日(水) 16:15~18:00
会議室
参加者:32名

研修目的

状態変化に合わせた食事提供ができる
(状態変化時に食事介助する際の職員の悩みを少しでも解消できる)

研修内容

  1. 個人ワーク(示された事例からご利用者の生活歴や身体状態を読み解き対応策を考える)
  2. グループ内での意見交換
  3. グループ意見の発表
  4. まとめ

グループからの意見(一例)

 〈事例のご利用者に対し、食事摂取の改善のために考えられること〉

  • ご本人やご家族に好きなもの、食べたいものを聴き取る
  • 食事が進まなくなってきたときには、ご利用者が好きなものを準備したり、提供時間や形態を変える等の工夫をチームで考え、支援してみる
  • なぜ食べれなくなっているのか(嚥下能力の低下、身体機能の変化等)の原因を探ってみる
  • サービス担当者会議を開催し、以後のケアの方向性を明確にする

 

看取りケア研修会のまとめ(抜粋)

  • ご利用者の状態変化時、思いつきや決めつけでケアの方向性を決め支援しても課題解決はできない
    ご利用者の心身の状態を各専門職の立場でアセスメントし、サービス担当者会議で情報を共有しあい、多職種連携でご利用者にあったケア方針を決定することが大切である
  • 医師を含むケアチームで改善の手立てがないと判断したときは「死期が近づいているから食べる意欲や量が減ってくる」という自然の経過や“無理に食べてもらおうとすることでご利用者の苦痛につながる”ということを理解し、ケアに活かすことが大切である

研修を終えて

研修参加者の感想(抜粋)

  • 多職種間で利用者が食べられない原因を究明・評価し、食事を勧めていきたい。状態変化を見逃さないようにし、無理には勧めない。
  • 多職種連携を意識した解答が多いと思った。たくさんいろいろな考えや提案があることが分かり、実行に移すことを意識することが大切だと思った。
  • 看取りについての考え方や方向性を確認することが出来て良かった。

 

看取りケア委員会からの講評(抜粋)

  • 研修修了後、体調変化のあるご利用者に対し、多職種で情報共有しあい取り組む様子がみられ、研修で学んだことが活かされてきている。
  • 状態変化時に多職種が連携し、何が原因かを探り、万策尽きるまで手立てを考え、悩みが解消できるチームの土台を作ることができた。

 

 

 

身体拘束廃止委員会主催 施設内研修

~スピーチロックの廃止に向けて、
          何気なく使ってしまう言葉を見直そう~

スピーチロック・・・身体的な拘束をしているわけではないけれども、身体拘束と
             同等の弊害があり、利用者の自由を奪う拘束行為として
          知られています。
          スピーチロックを受けた利用者は、介護者の声掛けによって精神的な
          自由を奪われ、自由な行動が妨げられます。

 

各事業所、各グループを対象に身体拘束廃止委員会が研修を開催いたしました。

実施日及び開催場所

事業所 グループ 開催日時 開催場所 参加人数
特養 なごみ・ゆったり 平成30年1月25日(木)  9:30~10:00 旧ヘルパー室 7人
特養 いきいき 平成30年1月05日(金) 14:00~14:30 旧ヘルパー室 5人
特養 のんびり 平成30年1月25日(木) 14:30~15:00 旧ヘルパー室 7人
特養 ほのぼの・ゆうゆう 平成30年2月02日(金) 9:30~10:00 家族室 7人
デイサービス 平成30年1月12日(金) 17:00~17:30 デイサービスホール 17人

 

研修内容

  1.  個人ワーク
    ワークシートで自分自身を振り返った時に、スピーチロックに該当する言葉掛けや、もしかしてこれもスピーチロックに該当するのかな?という言葉を書き出し、またその言葉をどのように変換したらスピーチロックに該当しないのかも併せて書き出す
  2. グループワーク
    個人ワークで出た言葉、変換の方法についてグループ内で話し合いを行い、どのような言葉がスピーチロックにつながるのか、どう言い換えたら、利用者の自由を奪わないか考える

◇◇研修内容の一部を紹介いたします◇◇
  《スピーチロックにつながる言葉と変換したらよいと思われる言葉》
  ・「ちょっと待っててね」⇒「待ってていただけますか?」
                待てる・待てないの選択ができる。
                待っていただいた後の対応として
               「お待たせして申し訳けありません」等の労いや感謝の言葉を
                伝える。
  ・「座ってて」「ここにいて」⇒「どちらにいかれますか?」等、立ち上がる行為に
                 移した理由(意向)を伺う

 

  《スピーチロックに該当しない言葉に変換するには》 
   「正解」はないが
    ・言い切りや命令的、威圧的な言い方はしない
    ・利用者本人に選択してもらえるような言葉にする

 

研修を終えて

  • 言葉が身体拘束につながる事に初めて気づいた
  • 時間の経過と共に(言葉が)乱れてくることを実感していたのでチーム員で思いを一致させ身体拘束の予防に努め、サービスの質を高めていきたいと思いました
  • 職員間で日頃感じている事を話し合う場は共感でき良いと思う

平成29年度第2回感染症に関する研修

感染症対策委員会が「第2回感染症に関する研修」を開催しました。

開催日

平成29年10月18日(水) 16:15~17:30
健康プラザ 多目的ホール
参加者:51名

研修目的

感染に伴う勤務可能日マニュアルに基づいて、感染症を蔓延させないために自身の体調が勤務できる状態か判断でき、速やかに報告ができる

研修内容

  1. 感染症に伴う勤務可能日についての問題を9問出題し個人ワーク
  2. 勤務可能日マニュアルを確認しながらグループワーク
  3. 解答

※その一部を紹介します

研修を終えて

①研修参加者の感想(抜粋)

  • マニュアルを見なければ対応に誤りが出ることが分かった。常にマニュアルの通り対応ができるよう確認しながら行う。
  • 勤務可能日マニュアルを一人一人が理解し行動できるように常にマニュアルに基づいた対応、説明を心がける。
  • 出勤可否判断についてあいまいな部分を再確認できてよかった。
  • 自己管理に気を付け、少しでも気になることは上司に話をし、感染予防に努めたいと思う。
  • これからインフルエンザ等感染症の流行時期なので、体調管理に一層努めることが大切だが、万が一罹患した場合にマニュアルに則り対応するための再確認となった。

②研修主催者の講評・反省(抜粋)

  • 年々マニュアルに触れる機会も増え、答えがスムーズに出るようになったと感じた。
  • グループワークを取り入れることで他人の考えや意見を聴き、議論できた。⇒一人で答えあわせをするより、みんなで行った方が頭に入りやすいと思う。
  • グループワークの際、マニュアルがないとよく分からないという声が上がっていたので、マニュアルを確認することが大事だということを意識づけることが出来たのではないかと感じた。

平成29年度 第二回施設内研修「高齢者虐待予防研修」

研修委員会が第二回施設内研修「高齢者虐待予防研修」を開催いたしました。

開催日時

平成29年11月29日(水) 17:00~19:00
健康プラザしうんじ 多目的ホール
参加者 65名

研修目的

  1. 高齢者の虐待についての基礎知識を共有または再確認する。
  2. 日々の業務を振り返り、高齢者虐待を予防するために何ができるのか考える事ができる。

研修内容

      • 講義「施設従事者による高齢者虐待の基礎知識」
                     ~施設従事者による虐待を予防するために~
                                  講師: 鈴木千尋 社会福祉士
      • グループワーク『いつもの仕事を振り返ってみよう』
                    いつもの仕事を振り返り、どんな状態の時に虐待をしてしまうのか
           原因と解決策を考える
        1. もしかして虐待だったかも、と感じる出来事を考え書き出す
        2. グループでiのことを似ているものでまとめ「ありがちな事」を選ぶ
        3. 「ありがちな事」について原因を考え解決策を話し合う


        ☆∵.・∵.・∵. ・∵.☆グループワークの一部を紹介します☆∵.・∵.・∵. ・∵.☆
         i.「もしかしたら虐待だったかも」と感じる出来事

・止められない食事介助
 食事介助のときある程度の量を食べてもらいたくて介助する
 食事の進まない利用者の方に食べてもらおうと繰り返し関わる
 食事量が少なくて本人は「もう食べたくない」と言っているのに
                       食事介助を続けた

・ちょっとまって
 「お待ちいただけますか」といって本人に長時間待たせてしまった
 「ちょっと待って下さい」「ここにいて下さい」相手に
                    選択肢を与えない声掛け
 「ちょっと来て」というご利用者の方の言葉に
        「少しお待ちください」とすぐに駆け付けない

・感情のコントロールができなくなりそう
 利用者から強くつねられ、強い力で振り払う

                         ⅲ.「ありがちな事」についての原因と解決(一例)

        止められない食事介助
         
《内的要因》
           ・知識不足
           ・食事摂取量が毎日「10/10(全量摂取)」と表記されないと心配になる
           ・他職員のときは食べるのに自分の時だけ食べてくれない焦り
           ・止めるタイミングが分からない
           ・食事介助を早く終わらせて次の業務をしなくてはならない
         《外的要因》
           ・下膳の時間を気にしてしまう
           ・プランに沿って介助しなければ…
           ・家族からの要望
           ・「10割食べるのが基本」という職場の雰囲気
           ・一回に摂れる量の把握不足(嗜好の把握)

         《できることや心掛けたいこと》
           ・利用者の方やご家族の意向を踏まえて食事を提供しているが
            利用者の方の様子、変化をキャッチしたとき無理せず中止する
            判断→チームで基準を検討する
           ・なんでも声にだす。一人の不安はチームの課題として方向性を出す

研修を終えて

  • 研修参加者の感想(抜粋)
    • 幅広い虐待があるという事がわかり、参考になった
    • 普段何気なくしている声掛けが実は虐待になっているかも、という危機意識を
      改めて見つめることができた
    • 利用者がされて嫌なことを一度考えてみたい
    • 業務を時間内に終わらせようと焦る気持ちから利用者の声が聞けなくなることがある
    • 一人で抱え込まず、困ったときは他の人に助けを求める、
      ストレスを溜めないようにする
    • 他の人の意見を聞いて、自分でも思い当たる事もあった。エスカレートしていくと虐待につながるかもしれないという事が沢山あると改めて気づいた。今後も心に留めながら仕事をしたいと思った

 

 

感染症に関する研修会

感染症対策委員会が『感染症に関する研修会』を開催しました。

開催日

平成29年6月28日(水) 16:15~17:30 会議室 参加者:26名

研修目的

利用者感染マニュアルに基づき、感染症発生時に迅速で適切な対応ができるよう研修会を通し
知識・技術を身に付ける

研修内容

①利用者感染症発生時の対応の確認(グループワーク)
②委員会の解答説明※その一部を紹介します。

研修を終えて

研修参加者の感想(抜粋)

  • 報告の流れが再確認できてよかった。
  • 所々抜けているところがあったので、マニュアルを確認して行動する。
  • 利用者へ感染が拡大しないよう対応したい。
  • 思い込みで動いていることが日常にあるので、一度マニュアルを確認する癖をつけたいと思う。

平成28年度第2回事故防止施設内研修

グループ毎に分かれて事故防止委員会が研修を行いました。  

開催日

グループ名 研修日時 研修場所 参加者
なごみゆったり 11月30日  9:30~ 9:45 増築棟浴室 10名
のんびり 11月30日 14:00~14:15 増築棟浴室 10名
ほのぼのゆうゆう 12月29日  9:30~ 9:45 増築棟浴室 6名
いきいき 1月26日 14:00~14:15 増築棟浴室 7名
デイサービス 3月 4・5・8・15日 既存棟浴室 15名

研修目的

他県で風呂の温度の確認が不十分だったことによる入居者の死亡事故が発生しました。事故を受けて、温度の確認の体験を通じて温度の確認の重要性を再認識するとともに未然の事故防止に繋げる。

研修内容

  1. 素手と手袋(ブカブカの薄手の手袋とピッタリの厚手の手袋)を装着した手で40℃のお湯に手を入れる
  2. 素手と手袋(ブカブカの薄手の手袋とピッタリの厚手の手袋)を装着した手で48℃のお湯に手を入れる

研修を終えて

  研修参加者の感想(抜粋)
  • 手袋をしている時としていない時の温度差が分かった。
  • 手袋を着用しての湯温の確認が危険であることが体験してみて理解できた。
  • 実際にお湯に手を入れて確認ができてよかった。手袋の種類によって温度の感じ方にここまで違いがあるとは思わなかった。色々知ることができた。
  • 2種類の手袋を使って体験したが、ブカブカの手袋よりピッタリの手袋の方が温度の変化を感じられることが分かった。
  • 改めて手袋を着用しての湯温の違いを確認することができ、実感できた。自分の手が温まってきた時と冷たい時の湯温の感じ方も考慮しながら適切な温度で入浴していただけるよう心がけていきたい。
 

平成28年度褥瘡対策委員会施設内研修


グループ毎に分かれて褥瘡対策委員会が研修を行いました。  

開催日

グループ名 研修日時 研修場所 参加者
なごみゆったり 1月25日  9:30~ 9:45 旧ヘルパーステーション 10名
いきいき 1月26日 14:30~15:00 旧ヘルパーステーション 6名
ほのぼのゆうゆう 2月21日  9:30~ 9:50 家族室 7名
のんびり 2月22日 14:00~14:30 家族室 7名
医療チーム 3月 8日 10:30~11:00 介護士室 4名

※勤務の都合で参加できなかった方には後日各グループ委員から説明を行った。

研修目的

  • 各種マットレスの特徴を知り、正しい選定ができる。
  • 褥瘡が発生しやすい部位と対応の再認識ができる。

 

研修内容

褥瘡対策委員が資料を用い、以下の点について説明を行う。

  • 現在施設で使用しているマットレスについて
    • マットレス毎の機能についての説明
    • どのような皮膚状態の方にどのマットレスを使用するか、優先順位をつけて特徴を説明
  • 褥瘡について
    • 褥瘡の発生しやすい部位について
    • 前ぶれ、褥瘡の可能性がある場合の対応方法について

研修を終えて

  • 耳に褥瘡ができるとは思わなかった。
  • 褥瘡の前ぶれがどのような特徴なのかが理解できた。また、褥瘡の見分け方も理解できた。

という感想が聞かれた。