身体拘束廃止委員会主催 施設内研修

~スピーチロックの廃止に向けて、
          何気なく使ってしまう言葉を見直そう~

スピーチロック・・・身体的な拘束をしているわけではないけれども、身体拘束と
             同等の弊害があり、利用者の自由を奪う拘束行為として
          知られています。
          スピーチロックを受けた利用者は、介護者の声掛けによって精神的な
          自由を奪われ、自由な行動が妨げられます。

 

各事業所、各グループを対象に身体拘束廃止委員会が研修を開催いたしました。

実施日及び開催場所

事業所 グループ 開催日時 開催場所 参加人数
特養 なごみ・ゆったり 平成30年1月25日(木)  9:30~10:00 旧ヘルパー室 7人
特養 いきいき 平成30年1月05日(金) 14:00~14:30 旧ヘルパー室 5人
特養 のんびり 平成30年1月25日(木) 14:30~15:00 旧ヘルパー室 7人
特養 ほのぼの・ゆうゆう 平成30年2月02日(金) 9:30~10:00 家族室 7人
デイサービス 平成30年1月12日(金) 17:00~17:30 デイサービスホール 17人

 

研修内容

  1.  個人ワーク
    ワークシートで自分自身を振り返った時に、スピーチロックに該当する言葉掛けや、もしかしてこれもスピーチロックに該当するのかな?という言葉を書き出し、またその言葉をどのように変換したらスピーチロックに該当しないのかも併せて書き出す
  2. グループワーク
    個人ワークで出た言葉、変換の方法についてグループ内で話し合いを行い、どのような言葉がスピーチロックにつながるのか、どう言い換えたら、利用者の自由を奪わないか考える

◇◇研修内容の一部を紹介いたします◇◇
  《スピーチロックにつながる言葉と変換したらよいと思われる言葉》
  ・「ちょっと待っててね」⇒「待ってていただけますか?」
                待てる・待てないの選択ができる。
                待っていただいた後の対応として
               「お待たせして申し訳けありません」等の労いや感謝の言葉を
                伝える。
  ・「座ってて」「ここにいて」⇒「どちらにいかれますか?」等、立ち上がる行為に
                 移した理由(意向)を伺う

 

  《スピーチロックに該当しない言葉に変換するには》 
   「正解」はないが
    ・言い切りや命令的、威圧的な言い方はしない
    ・利用者本人に選択してもらえるような言葉にする

 

研修を終えて

  • 言葉が身体拘束につながる事に初めて気づいた
  • 時間の経過と共に(言葉が)乱れてくることを実感していたのでチーム員で思いを一致させ身体拘束の予防に努め、サービスの質を高めていきたいと思いました
  • 職員間で日頃感じている事を話し合う場は共感でき良いと思う

感染症に関する研修会

感染症対策委員会が『感染症に関する研修会』を開催しました。

開催日

平成29年6月28日(水) 16:15~17:30 会議室 参加者:26名

研修目的

利用者感染マニュアルに基づき、感染症発生時に迅速で適切な対応ができるよう研修会を通し
知識・技術を身に付ける

研修内容

①利用者感染症発生時の対応の確認(グループワーク)
②委員会の解答説明※その一部を紹介します。

研修を終えて

研修参加者の感想(抜粋)

  • 報告の流れが再確認できてよかった。
  • 所々抜けているところがあったので、マニュアルを確認して行動する。
  • 利用者へ感染が拡大しないよう対応したい。
  • 思い込みで動いていることが日常にあるので、一度マニュアルを確認する癖をつけたいと思う。

平成28年度第2回事故防止施設内研修

グループ毎に分かれて事故防止委員会が研修を行いました。  

開催日

グループ名 研修日時 研修場所 参加者
なごみゆったり 11月30日  9:30~ 9:45 増築棟浴室 10名
のんびり 11月30日 14:00~14:15 増築棟浴室 10名
ほのぼのゆうゆう 12月29日  9:30~ 9:45 増築棟浴室 6名
いきいき 1月26日 14:00~14:15 増築棟浴室 7名
デイサービス 3月 4・5・8・15日 既存棟浴室 15名

研修目的

他県で風呂の温度の確認が不十分だったことによる入居者の死亡事故が発生しました。事故を受けて、温度の確認の体験を通じて温度の確認の重要性を再認識するとともに未然の事故防止に繋げる。

研修内容

  1. 素手と手袋(ブカブカの薄手の手袋とピッタリの厚手の手袋)を装着した手で40℃のお湯に手を入れる
  2. 素手と手袋(ブカブカの薄手の手袋とピッタリの厚手の手袋)を装着した手で48℃のお湯に手を入れる

研修を終えて

  研修参加者の感想(抜粋)
  • 手袋をしている時としていない時の温度差が分かった。
  • 手袋を着用しての湯温の確認が危険であることが体験してみて理解できた。
  • 実際にお湯に手を入れて確認ができてよかった。手袋の種類によって温度の感じ方にここまで違いがあるとは思わなかった。色々知ることができた。
  • 2種類の手袋を使って体験したが、ブカブカの手袋よりピッタリの手袋の方が温度の変化を感じられることが分かった。
  • 改めて手袋を着用しての湯温の違いを確認することができ、実感できた。自分の手が温まってきた時と冷たい時の湯温の感じ方も考慮しながら適切な温度で入浴していただけるよう心がけていきたい。
 

平成28年度褥瘡対策委員会施設内研修


グループ毎に分かれて褥瘡対策委員会が研修を行いました。  

開催日

グループ名 研修日時 研修場所 参加者
なごみゆったり 1月25日  9:30~ 9:45 旧ヘルパーステーション 10名
いきいき 1月26日 14:30~15:00 旧ヘルパーステーション 6名
ほのぼのゆうゆう 2月21日  9:30~ 9:50 家族室 7名
のんびり 2月22日 14:00~14:30 家族室 7名
医療チーム 3月 8日 10:30~11:00 介護士室 4名

※勤務の都合で参加できなかった方には後日各グループ委員から説明を行った。

研修目的

  • 各種マットレスの特徴を知り、正しい選定ができる。
  • 褥瘡が発生しやすい部位と対応の再認識ができる。

 

研修内容

褥瘡対策委員が資料を用い、以下の点について説明を行う。

  • 現在施設で使用しているマットレスについて
    • マットレス毎の機能についての説明
    • どのような皮膚状態の方にどのマットレスを使用するか、優先順位をつけて特徴を説明
  • 褥瘡について
    • 褥瘡の発生しやすい部位について
    • 前ぶれ、褥瘡の可能性がある場合の対応方法について

研修を終えて

  • 耳に褥瘡ができるとは思わなかった。
  • 褥瘡の前ぶれがどのような特徴なのかが理解できた。また、褥瘡の見分け方も理解できた。

という感想が聞かれた。  

平成28年度 法人内研修 接遇研修

研修委員会が接遇研修を開催いたしました。

previous arrow
next arrow
PlayPause

開催日

平成28年11月25日(金) 16:15~17:30
健康プラザしうんじ 多目的ホール
参加者 30名

 

研修目的

①なぜ介護現場に接遇が必要なのかを理解できる(復命報告)
②日頃の接遇について振り返ることが出来る (動画・寸劇・ロールプレイ)
③日々の介護で振り返るきっかけを作る事ができる(グループワーク)

 

研修内容

  1. 復命報告 「明日へつなぐ介護」  
      ~職員のやる気を引き出す明日へつなぐ介護~
            発表者:水野友未 介護福祉士
  2. 寸劇・動画
    ・「介護現場の接遇を考える」を目的に動画・寸劇を交互に行う
    ・動画を見て介護現場での自身の姿を振り返る
    ・寸劇では、介護現場でのありがちな光景を一般的な日常生活の光景に当てはめ対比できる
  3. ロールプレイ
    ・介護現場でみられる光景を一般的な日常生活の光景に置き換えた短い台本を用意
    ・台本に沿って、介護職員(サービス提供者)
    ・利用者となり演じる
    ・それぞれの立場でどのような感じを受けるか体験する
  4. グループワークによる意見交換
  5. 発表

※グループワークの一部を紹介いたします

①ワーク1:寸劇・動画・ロールプレイを通して感じた事
 ・演じてみて嫌な気持ちになった。しかし、実際あることだと思った。
 ・他人の個人情報は聞きたくない。
 ・友達や家族同士の様な言葉づかいでは仕事ではないと感じた。
 ・動画のようなサービスに対し、お金を払いたくない。
②ワーク2:なぜ介護現場で寸劇・動画の様なことが起こるのか?
 ⇒原因を考えてみよう!
 ・自分の事(業務など)しか見えていない。周りが見えていない。
 ・サービスを提供し、その対価をいただくことの意味を理解していない。
 ・間違いに気づいても注意する人がいない。
 ・利用者が意思を示さないでいる事をそれで良しと思っている。
③ワーク3:どうすれば寸劇・動画の様な事が起きないのか?
 ⇒その為に何か必要な物や事はあるか考えてみよう!!
 ・「それって普通?」を合言葉にする。
 ・職員同士、お互い注意し合える関係性を作る。
 ・法人全体としての意識改革。
 ・社会人として、仕事以外の日常でも言葉遣いに気を付ける。

研修を終えて

研修参加者の感想(抜粋)
・ケアの最中にナースコールなどが同時に鳴ると利用者を待たせて苦情を言われると思い、ケアを急いで言葉遣いや態度が指示的になったりしてしまうことがある。しかし、利用者から遅くなったことに対する苦情を言われるからといって他の利用者に対する不適切な態度や言葉遣いが許されるわけではない。そんな時でも丁寧にケアをすることが大切だ。その結果、利用者に怒られることがあってもそれは仕方がないと思うと言われて少し気持ちが楽になった。
・接遇についてのテーマを決め法人全体で取り組んでいきたい(言葉遣い強化月間)
・気持ちをしっかりと仕事に切り替えて利用者を敬う心をもって接することが大切であると改めて思った。
・あらためて行動、態度、言葉には充分に気を付けたいと思った。
・お互いに声を掛けると言っていたが、本当に声を掛け合っただけで変わるのか疑問である。風紀委員みたいなのがあると変わるのだろうか?
・現場ではあたりまえのようになって、言葉遣いが利用者を想う使い方ができていなかったと個人で反省した。

「感染症に伴う勤務可能日マニュアル」に関する研修会

10.12感染症に関する研修看板感染対策委員会が『感染症に伴う勤務可能日マニュアルに関する研修会』を開催いたしました。

開催日

平成28年10月12日(水) 16:15~17:30
健康プラザ 多目的ホール
参加者:61名

研修目的

感染に伴う勤務可能日マニュアルに基づき、自身やその家族の体調不良に迅速で適切な対応ができるよう研修を通じて再確認する

研修内容

①自身や家族の体調不良時の対応の確認
②勤務可能日マニュアルと照らし合わせながら委員会による解答説明10.12感染に関する研修会

※その一部を紹介します感染症に伴う勤務可能日マニュアルに関する研修-1感染症に伴う勤務可能日マニュアルに関する研修-2

研修を終えて

研修参加者の感想(抜粋)

  • 勤務可能日マニュアルは頭に入っているつもりであったが、理解していた内容が間違いであったものがあった。都度確認する必要がある。
  • マニュアルを常に携帯し確認できるようにしたい。
  • 勤務可能日マニュアルをもっと生かし、感染をなくすようにしたい。実施してご利用者、他職員に感染症を拡大させないように勤務していきたい。まず、自分が感染しないように生活していきたい。
  • 体調不良時、医師に確認する事が今まで曖昧になっていたが、今回の研修で再確認できた。
  • インフルエンザとノロの際の出勤日の判断が曖昧だったが、明確になってよかった。
  • グループ内で同じ内容でも個々の考え方が違う場合(自己判断基準など)がある事を再確認でき、今後体調不良があった場合の判断等に役立つ意見も聞くことができた。

平成28年度第一回事故防止施設内研修

第一回事故防止施設内研修看板 事故防止委員会が第一回事故防止施設内研修を開催しました。

開催日

多くの職員が参加できるよう、グループ毎に開催しました。
グループ 開催日 時間 開催場所 参加者
デイサービス 8月 7日(日) 17:30~18:30 会議室 19名
のんびり 8月22日(月) 14:00~15:00 会議室 12名
なごみ・ゆったり 8月24日(水) 19:30~20:30 会議室 12名
ほのぼの・ゆうゆう 8月30日(火) 9:30~10:30 会議室 10名
いきいき 8月30日(火) 15:00~16:00 休憩室 7名

研修目的

職員一人ひとりが危険に対する感受性を高め、まだ起きていないヒヤリや事故を事前に察知し防止する手立てを講じる能力を身につける。

研修内容

日々の各事業所の風景写真(1~4)を用いた危険予知訓練を4ラウンド法を用いて行う
  • グループ編成:一組3~5人程度
  • 研修の進め方

最初に個人ワークで1R~2Rまで記入。(重要危険ポイントに〇、最重要危険ポイントに◎を記載) グループワークに移行し、危険予知訓練シート(グループワーク用紙)に記入。 グループ内で重要危険ポイント、最重要危険ポイントを決定。 3Rでそれに対する具体的で実行可能な対応策を考える。 4Rで重要実施項目を絞り込み、実践するためのグループ行動目標を設定し発表する。

※グループワークの一部を紹介します。

風景写真1(特養廊下)

事故防止研修シーン1

風景写真1での危険予知訓練記入シート記入例

事故防止委員会グループワーク

研修を終えて

事前に事故防止委員会で用意した危険か所はもちろんのこと、それ以外の気付きが多く挙げられており、参加職員からは「客観的にみることで普段気付かないところに気付くことができた」という声が聞かれた。 また自グループの写真を見た際に利用者の行動以外にも、職員が日頃から気になってはいたが言えずにいた点などの発言もあった。そういった発言の機会を作れたという意味でも良い研修となった。研修で気付いた危険と思われるか所についても早急に各グループや事業所で改善に向けた取り組みがなされており、研修の目的である未然の事故防止に向けた職員の意識づけが達成された。 今回の研修の課題として、事故防止委員会が研修の流れの把握が不十分で進行が上手くいかなかったことがあった。今後は各委員が十分に研修内容を把握した上で研修に臨んでいく。 今回は止まった写真を見て実施したが、日々の仕事では動いて仕事をしているため、より実践に近づけるため今後、危険予知訓練を実施する場合は動画を見ての研修なども検討していきたい。

感染症に関する研修会

H28年度感染症研修会看板 感染症対策委員会が『感染症に関する研修会』を開催いたしました。

開催日

平成28年6月15日(水) 16:15~17:30 会議室 参加者:32名

研修目的

利用者感染マニュアルに基づき、感染症発生時に迅速で適切な対応ができるよう研修会を通し 知識・技術を身に付ける

研修内容

①利用者感染症発生時の対応の確認 ②委員会の解答説明

意見のすり合わせ ※その一部を紹介します感染に関する研修-001感染に関する研修-002感染に関する研修-003

研修を終えて

研修参加者の感想(抜粋)
  • 各職種、常勤、非常勤で行動や判断が違うことがよく分かったので、自分の役割をよく理解して行動したいと思った。マニュアルをしっかり理解、活用していきたい。
  • すぐに行動に移せるようにマニュアルを頭に入れておくべきだった。他の方への感染拡大を予防できるように、的確に実践できるように日々忘れたら確認していこうと思った。
  • 必ずマニュアルに沿った対応をし、感染予防と利用者の体調変化に対応する。報告についてもしっかり行う。
  • 利用者、入居者がいつもと体調が違った時、常勤に伝えるだけではなくマニュアルに沿って行動、報告できるようにしたい。
  • 分からないことは常勤職員の方に聞けばよいと思っていましたが、これからは自分でもっと理解し、行動ができるように努力したいと思った。
   

H28年度 第一回施設内研修

H28年度看板 研修委員会が平成28年度 第一回施設内研修として『看取り研修①』を開催いたしました。

previous arrow
next arrow
PlayPause

開催日

平成28年 5月18日(水) 16:00~17:30 
健康プラザしうんじ 多目的ホール
参加者:41名

研修目的

①事例を通じて、多職種が連携することのメリットを学ぶことが出来る
②ターミナルケアの質の向上に向けて、具体的な方法を検討することが出来る

 研修内容

    1. 看取り事例の報告
      ~家族・本人の想いに寄り添って~
                    発表者:本間 介護福祉士
    2. グループワークによる意見交換

事例を基に意見交換を行い、参考にしたい取組についてグループで考える

グループワークの一例を紹介いたします。

i.「良いな」「参考になる」と感じた取り組みを書き出そう
・コミュニケーションは難しいながらも、本人の性格などを考慮してケアができたこと
・娘様の面会について「感染対策中だから」とあきらめなかったこと
・本人だけでなく、家族全員の意向を尊重しようとしたこと
・「食べたい」という本人の思いを叶えるため、全職種で検討できたこと

ⅱ.自分達のグループで参考にしたい取り組みを選ぼう
・本人らしい最期を迎えるために、各職種が協力できた

ⅲ.自分達のグループで取り組む際に必要な事や物事を考えよう
・他職種が連携、協力すること。価値観を統一すること
・本人の性格や好み、生活暦を把握すること
・最期だけではなく、入所されてからの日々が大切である
・家族やケアする人が本人のことを良く知ること
・家族からの情報収集(終末期への意向)
・本人に合わせた環境の整備 ・職員の勇気と熱意グループワーク資料⑤(編集)

研修を終えて

グループワークの中で一番記憶に残っていること(抜粋)

  • 一人一人の様々な意見や考え、熱い思いが伝わった
  • 本人、家族の思いに寄り添うためにそえぞれの職種で何が必要かを考えさせられたこと
  • 本人や家族の思いを叶えるケアができ、家族に「良かった」と言ってもらえたこと
  • 日々の状態変化に気づくことと情報共有が必要だと思った。また、職員同士の信頼関係も必要なのだと感じた
  • 様々な職種の日々の働きがあり、悔いの残らないターミナルケアになると実感した

第四回施設内研修

高齢者虐待予防研修 研修委員会が第四回施設内研修として『高齢者虐待予防研修』を開催いたしました。  

開催日

平成28年2月17日(水) 17:00~19:00 健康プラザしうんじ  多目的ホール 参加者:75名

研修目的

  1. 高齢者虐待についての基礎知識を共有する。
  2. 我々が虐待の当事者にならないために「何が出来るか」を検討することができる。

研修内容

  1. 虐待についての基礎知識を学ぶ
    ~施設従事者による虐待を予防するために~    
                          講師:北澤 社会福祉士
    1. 高齢者虐待とは?
    2. なぜ虐待が起こるのか
    3. 通報の義務
    4. 早期発見、対応の大切さ等
     
  2. グループワークによる意見交換 我々が虐待の当事者にならない為、自分がされて嫌なことや日頃のケアについて率直に振り返った
研修の様子とグループ発表

左:グループワークの様子    右:グループワークの結果発表の様子

※その一部を紹介します

①「こんな言葉かけは嫌だなぁ」と思うことを考えてみよう。

「またトイレに行くんですか?」

     理由
            ・もし自分が言われたら
             「もうこの人には頼めない」
             「他に連れて行ってくれる人はいないかな?」
             というつらい気持ちになるから
 
②どんな場合に①の言葉かけが多くなるのか話合いましょう
     ・他の業務に携わっている     
                                 ⇒行けば安心されることは分かっているが
     ・忙しくて時間や気持ちにゆとりがない 
      同時に頼まれごとをした時    
                                 ⇒行っても出ないとこが分かっているので
                                  勝手に仕事の優先順位をつけてしまう
                                  その人の事が分かるほどおしっこは出ないと
                                  決めつけてしまう
③どうしたら①の言葉かけが無くなるのか話合いましょう
     ・忙しい時は「チームでお願いし合える関係性」を築く
     ・「頼んで頂けるのは、私を頼ってくださっている」とポジティブにとらえる
     ・「これを終わらせたら来ますが待てますか?」
                                          と了承を得ることで互いに安心できる
 

研修を終えて

研修参加者の感想
  • 自分自身が時間の余裕がないと虐待につながりやすいのではないかと感じた。
  • 自分がされて嫌な事はしない。当然の事を当たり前にやれるようにしたい。
  • 虐待だと感じたらすぐ通報(報告)だということがわかった。
  • 虐待はただ、恐ろしい事と思っていましたが、救わなければならない事、大事だと思った。
  • 日々の業務の中、なにげない一言が虐待につながることがある。 しかし、それは一人の責任ではないと思った。チーム全体、事業所全体、 施設全体で協力しあって業務にあたることで防げることがあると思った。
  • 自分の時間の都合を優先させないで利用者の事を考えなければいけない と思った。
  • 自分が言われて嫌だと思うことが虐待に繋がると言うのを忘れないようにしたい。
  • いつ、だれが虐待をする立場になってしまうかもわからない状況も考えられる中で、 いかに専門職としてご利用者の立場に立って対応していけるか。 これが最善という方法は一つではないので、自分なりによく考え気持ちを引き締めて いくことが大事だと思う。
  • 「利用者はお客様」であり「感謝」の気持ちを常にもっていなければならず、 その姿勢が自ずと言葉や行動に現れると思う。
  • 高齢者虐待防止法は虐待をしなくてもすむような状態に近づける為の法律で あることを社会全体が理解できるようになると本当に良いと思った。
  • 高齢者施設で従事する以上、各職種がプロ意識を持っていられる様に (保っていられる様に)このような研修が定期的にあると良いと感じた。
  • 色々なグループの発表を聞き、言葉がけ、気持ちを考えながら仕事をしなくては ならないと思った。