紫雲寺小学校3年生 認知症サポーター養成講座

 令和2年9月18日(金) 10:40~11:25 に、紫雲寺小学校3年生を対象として『認知症サポーター養成講座』を開催しました。

  折よく、9月18日は、敬老の日(9月21日) 前の最後の登校日でした。
  (※敬老の日:多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、
         長寿を祝う日 by Wikipedia)

 
 認知症サポーター養成講座の内容は、小学生の皆さんに認知症のことを分かりやすく伝えられるよう、言葉を選び、話が長くならないよう工夫しています。
 また、「認知症になった桃太郎おじいさん」の寸劇を通して、楽しみながら認知症の方との接し方を学んでいただけたと感じました。



参加した小学生から
・「認知症と物忘れの違いが分かった」
・「認知症の方と接する時には優しくしたい」
などの感想が聞かれました。

 認知症サポーター養成講座を開催し、小学生の皆さんが一生懸命聞いてくれていた姿を見て、とても嬉しく感じました。認知症を正しく理解し、認知症を患っているいないに関わらず、認知症サポーターとなった小学生の皆さんが、ご高齢の方に優しく接していただきたいと願っています。

~認知症サポーター養成講座とは~

 認知症高齢者等に優しい地域をつくることを目的として、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を養成する講座です。
 全国的に開催しており、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方に受講いただいています。
 受講を希望される方は、お住いの地区の地域包括支援センターや市区町村にご連絡ください。

 紫雲寺・加治川地区にお住まいの方やお勤めの方は、
  新発田北地域包括支援センター:0254ー41-4646
 に、ご連絡下さい。

 

加治川小学校4年生 認知症サポーター養成講座

 令和元年12月4日(水) 9:30~10:15 に、加治川小学校4年生を対象として『認知症サポーター養成講座』を開催いたしました。
 新発田北地域包括支援センターとして、小学生を対象にした『認知症サポーター養成講座』は4度目になりました。
 認知症サポーター養成講座の内容は、前回藤塚小学校で行った講座と同様、分かりやすく楽しく理解できるように工夫をした講義と寸劇を行いました。


参加した小学生から
・「認知症は治らないの?」
・「認知症はいろんなタイプがあるの?」
・「毎年、何人くらい認知症になるの?」
・「若い人も認知症になるの?」
等の講義内容に沿った質問があり、一つ一つ回答しました。

 熱心に講義を聞いてメモを取ったり、質問したりする様子を見て、いろいろなことを感じ取り、学習していただけたと感じました。

 今回で、私たち新発田北地域包括支援センターが担当している紫雲寺地区・加治川地区のすべての小学校で認知症サポーター養成講座を開催させていただきましたが、これからも多くの小学生の皆さんが認知症について学べる機会を作っていきたいと考えています。

藤塚小学校3年生 認知症サポーター養成講座

 令和元年10月24日 藤塚小学校3年生を対象に
『認知症サポーター養成講座』を開催しました。
 新発田北地域包括支援センターで、小学生を対象にした
『認知症サポーター養成講座』の開催は3度目です。

 

 小学生の皆さんが認知症のことをよく理解できるよう、講義は、言葉を分かりやすく、話があまり長くならないように工夫しました。 
 また、『認知症になった桃太郎おじいさん』の寸劇を通じて、楽しみながら認知症の方との接し方を学んでいただけたと感じています

 

           

参加した子供達からは
  ・認知症は、治るの?
  ・自分の名前も忘れてしまうの?
  ・認知症という言葉は聞いたことがあったけど、どういう意味か初めて分かった
という質問や意見が聞かれ、子供達の声に一つ一つ答えました。

 今回は、認知症の普及啓発を目的としたロバ隊長作成プロジェクトにご協力いただいたボランティア2名にも参加いただき、小学生の皆さんへロバ隊長のマスコットを贈呈しました。

 認知症サポーター養成講座を開催し、藤塚小学校3年生の皆さんが熱心に聞く姿を、私達もとても嬉しく感じました。
 認知症サポーターとなった小学生の皆さんが、今後も認知症の有無にかかわらず、ご高齢の方や困っている方に優しく接していただくことを願っています。

地域企業従業員様向け 認知症サポーター養成講座

令和元年7月4日 健康プラザしうんじで 地域企業である『ローカルハック合同会社』の従業員様(2名)に認知症サポーター養成講座を開催いたしました。
『ローカルハック合同会社』は、今年5月に設立された加治川地区で買い物代行サービス等を行われている会社です。開業の挨拶に来訪いただいたことがきっかけとなり、認知症サポータ養成講座を受講していただくこととなりました。

お二人とも真剣にお話を聞いてくださり
・初めてお会いする方が認知症かどうか判断するポイントは?
・認知症と思われる方の対応で困った時は、地域包括支援センターに相談して良いのか?
などの質問をいただきました。

今後、高齢者と接する機会が多くなるお二人に認知症の知識を学んでいただいたこと、とても嬉しく思いました。
高齢者の方たちと関わる機会がある企業の皆さんが、一人でも多く認知症について正しく理解されるよう、これから企業向け認知症サポーター養成講座にも力を入れていきたいと考えています。
関心をお持ちの企業の方は、ぜひお問い合わせください。

米子小学校3・4年生 認知症サポーター養成講座


平成31年1月18日 米子小学校3・4年生の皆さんを対象に『認知症サポーター養成講座』を開催しました。新発田北地域包括支援センターとして小学生を対象にした『認知症サポーター養成講座』は、紫雲寺小学校に続いて2度目の開催でした。
講義では、小学生の皆さんにもわかりやすい言葉を選んだり、話があまり長くならないように工夫しました。

また、「認知症になった桃太郎おじいさん」の寸劇を行い、楽しみながら認知症の方との接し方を学んでもらえるようにしました。小学生からは「認知症の病気が進んだらどうなりますか」という質問がでたり、皆さん真剣に参加してくれました。

 


     認知症サポーター養成講座  

 認知症になった桃太郎おじいさん

今回は、認知症の普及啓発を目的としたロバ隊長作成プロジェクトにご協力いただいたボランティアの方お二人にも参加いただき、ロバ隊長のマスコットを小学生に贈呈していただきました。



認知症サポーター養成講座を一生懸命聞いていただいて、私たちもとてもうれしく感じました。認知症サポーターとなった小学生の皆さんが、今後も認知症の有無にかかわらず、お年寄りの方々に優しく接していただきたいと願っています。

 

7月認知症サポーター養成講座 ~ロバ隊長作成プロジェクト~

7月、認知症サポーター養成講座を3カ所で開催いたしました。
また、『ロバ隊長作成プロジェクト』を展開するため、2カ所で「ロバ隊長作成説明会」を同時開催いたしました。

ロバ隊長作成プロジェクト

ロバ隊長は「認知症サポーターキャラバン」のマスコットです。
ロバ隊長(フェルトマスコット)を作っていただくことを通じながら、認知症サポーターの仲間づくりや認知症サポーターを増やしていくように新発田市がすすめているプロジェクトです。
作っていただいたロバ隊長は「認知症サポーター養成講座」を受講した子供たちにプレゼントされます。

ロバ隊長を一緒につくりませんか?👈ロバ隊長作成プロジェクトリーフレット

開催日時

日時 場所 対象 参加者 ロバ隊長
作成説明会
参加者
7月11日 10:00~12:00 紫雲寺地区公民館 紫雲寺シルバー人材センター 
お楽しみクラブ
9名 9名
7月24日 13:40~14:40 眺海荘 藤塚浜ときめき週1クラブ 19名
7月25日 13:15~15:00 健康プラザ
しうんじ
北圏域介護保険事業所職員 23名 8名

 

エピソード・感想

~紫雲寺シルバー人材センター お楽しみクラブ~
 『ロバ隊長作成説明会』を初めて開催させていただきました。
 マニュアルを確認しながら、皆さんと一緒にロバ隊長を作成しましたが、皆さんとても手際が良く、私達のほうが教えていただくことが多くありました。
 今後も、ロバ隊長の作成を通じて認知症の普及啓発を広げていけるよう、お付き合いを続けていきます。



~藤塚浜ときめき週1クラブ~
 とても勉強熱心な方が多く、毎月のように勉強会が開催されています。
 この度は、要望を受け認知症サポーター養成講座を開催させていただきました。
 意見交換させていただいた時も、皆様から「認知症の方が気軽に参加できるような場所はないの?」「成年後見制度は誰が申し込みできるの?」といった具体的な質問をいただきました。
 9月にもお邪魔させていただき「おたがいさま講座」を開催する予定にしてます。

・おたがいさま講座とは
 「なぜ今、助け合いが必要なのか」
  地域支えあうことで解決できることがあることと、人の役に立てる喜びをゲームを
  通じて楽しく体験していただける講座です。

~北圏域介護保険事業所職員~
 認知症ケアの専門家として「地域の一員として認知症の方やその家族に何ができるのか」という視点をもっていただくことを目的に開催いたしました。
 認知症の一人暮らしの方にできることについて、グループワークを行いました。
 意見交換の中で、
 ・押しつけにならない程度に、家族に普段の様子を伝えたい
 ・散歩中に声掛けはできる
 ・仲が良ければ、お茶のみにお邪魔したい
 といった意見が出ていました。

 ロバ隊長作成説明会では、マニュアルを確認しながらロバ隊長を作成いたしました。
 皆さんとても上手で、短時間で完成されている方もいました。ロバ隊長作成プロジェクトの趣旨をご理解いただき、個人的にロバ隊長を作成したい方4名、利用者の方とともに作りたいという事業所が1事業所ありました。

 

紫雲寺小学校3,4年生 認知症サポーター養成講座

平成30年2月14日 14:10~15:15 紫雲寺小学校3,4年生の皆さんを対象に『認知症サポーター養成講座』を開催させていただきました。

 

~認知症サポータ養成講座:講座中~


北地域包括支援センターとして、小学生を対象にした『認知症サポーター養成講座』は、初めての開催でした。
最初の講義に関しては、言葉をわかりやすくしたり、話があまり長くならないように伝わりやすいように工夫を行いました。

 

 

~寸劇:認知症になった桃太郎おじいさん~

 


後半は、「認知症になった桃太郎おじいさん」の寸劇や「桃太郎おじいさんとお話ししてみよう」という体験学習を行いました。楽しみながら、認知症の方との接し方を学んでいただけたようです。

 

~桃太郎おじいさんとお話ししてみよう~

最後は、時間を超過してしまったのですが、生徒の皆さんから
・認知症にはいろんな種類があるのですか?
・急に認知症になる人もいますか?
・同じことを言われたり、聞かれたりしても
 怒ったりしないで、プライドを傷つけない
 ようにお答えすればよいのでしょうか?
といった認知症についての質問があり、関心をもって参加した様子が伺えました。

 

 

 

◆おわりに

認知症サポータ養成講座を開催し、小学生の皆さんに一生懸命聞いて頂いて、私たちもとてもうれしく感じました。
認知症サポーターとなった小学生の皆さんが、今後も、認知症の有無にかかわらず、お年寄りの方々に優しく接していただきたいと願っています。

下横岡地区 認知症サポーター養成講座 開催

平成29年12月17日  下横岡集落開発センターで『認知症サポーター養成講座』を開催いたしました。

70~80代の女性の方6名が集まり、認知症について学びました。
皆さん、自分が認知症になっても安心して生活するにはどんな地域作りが必要か、
どうしたら認知症の人を助けることができるかなどいろいろ会話が交わされました。
最後は皆さんの手にオレンジリングが渡り、無事に認知症サポーターになりました。
これからのご活躍を期待しています。