7月認知症サポーター養成講座 ~ロバ隊長作成プロジェクト~

7月、認知症サポーター養成講座を3カ所で開催いたしました。
また、『ロバ隊長作成プロジェクト』を展開するため、2カ所で「ロバ隊長作成説明会」を同時開催いたしました。

ロバ隊長作成プロジェクト

ロバ隊長は「認知症サポーターキャラバン」のマスコットです。
ロバ隊長(フェルトマスコット)を作っていただくことを通じながら、認知症サポーターの仲間づくりや認知症サポーターを増やしていくように新発田市がすすめているプロジェクトです。
作っていただいたロバ隊長は「認知症サポーター養成講座」を受講した子供たちにプレゼントされます。

ロバ隊長を一緒につくりませんか?👈ロバ隊長作成プロジェクトリーフレット

開催日時

日時 場所 対象 参加者 ロバ隊長
作成説明会
参加者
7月11日 10:00~12:00 紫雲寺地区公民館 紫雲寺シルバー人材センター 
お楽しみクラブ
9名 9名
7月24日 13:40~14:40 眺海荘 藤塚浜ときめき週1クラブ 19名
7月25日 13:15~15:00 健康プラザ
しうんじ
北圏域介護保険事業所職員 23名 8名

 

エピソード・感想

~紫雲寺シルバー人材センター お楽しみクラブ~
 『ロバ隊長作成説明会』を初めて開催させていただきました。
 マニュアルを確認しながら、皆さんと一緒にロバ隊長を作成しましたが、皆さんとても手際が良く、私達のほうが教えていただくことが多くありました。
 今後も、ロバ隊長の作成を通じて認知症の普及啓発を広げていけるよう、お付き合いを続けていきます。



~藤塚浜ときめき週1クラブ~
 とても勉強熱心な方が多く、毎月のように勉強会が開催されています。
 この度は、要望を受け認知症サポーター養成講座を開催させていただきました。
 意見交換させていただいた時も、皆様から「認知症の方が気軽に参加できるような場所はないの?」「成年後見制度は誰が申し込みできるの?」といった具体的な質問をいただきました。
 9月にもお邪魔させていただき「おたがいさま講座」を開催する予定にしてます。

・おたがいさま講座とは
 「なぜ今、助け合いが必要なのか」
  地域支えあうことで解決できることがあることと、人の役に立てる喜びをゲームを
  通じて楽しく体験していただける講座です。

~北圏域介護保険事業所職員~
 認知症ケアの専門家として「地域の一員として認知症の方やその家族に何ができるのか」という視点をもっていただくことを目的に開催いたしました。
 認知症の一人暮らしの方にできることについて、グループワークを行いました。
 意見交換の中で、
 ・押しつけにならない程度に、家族に普段の様子を伝えたい
 ・散歩中に声掛けはできる
 ・仲が良ければ、お茶のみにお邪魔したい
 といった意見が出ていました。

 ロバ隊長作成説明会では、マニュアルを確認しながらロバ隊長を作成いたしました。
 皆さんとても上手で、短時間で完成されている方もいました。ロバ隊長作成プロジェクトの趣旨をご理解いただき、個人的にロバ隊長を作成したい方4名、利用者の方とともに作りたいという事業所が1事業所ありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です