第1回 居宅介護支援事業所・地域包括支援センター合同サービスマナー向上研修

 

 今年度、紫雲寺加治川福祉会では、各事業所毎に「サービスマナーの向上」に取り組んでいます。

 老人介護支援センターしうんじと新発田北地域包括支援センターでは合同でサービスマナー向上の研修会を令和2年6月4日に開催しました。

 研修の目的は「自身のコミュニケーション技術の課題に気づくことができる」「気づいた課題を解決するための具体策を考え、日常業務で実践することができる」としました。

 研修は、岩崎主任介護支援専門員の講義の後、「インタビューゲーム(ワーク)」を通じて自分の面談の様子を動画で撮影し、それを見ながら自身のコミュニケーション技術を見つめなおし、その後、改善のための方法を考え、参加者の前で発表するという方法で進めました。

 参加者からは「自分の面談を見るのは初めて。いろんなことに気づけた。とても面白かった」「声の大きさが思ったより小さかった」「相槌が忙しなかった」などの声が上がりました。

今後、参加者はそれぞれの気づきを基に2か月間、コミュニケーション技術の向上に取り組みます。そして、2か月後の第2回研修会で各々の取り組み状況を振り返る予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です