令和2年度 第1回 感染症に関する研修会

 私たちは、日ごろから感染症の予防(職員が感染症の媒介者とならない・職員が罹らない)に取り組んでいます。新たな新型コロナウイルス感染症の予防のため 今回は、感染症の蔓延防止に必須となる “ガウンテクニック(ガウン・手袋・ゴーグルの着け外し)” の研修を実施しました。

実施日時・場所・参加者

グループ名 開催日時 開催場所 参加者数
特養いきいき 令和2年6月26日9:30~10:00 ゆうゆうホール 6名
特養のんびり 令和2年6月25日19:00~19:30 会議室 7名
特養なごみゆったり 令和2年6月30日9:30~10:00 ゆうゆうホール 9名
特養ほのぼのゆうゆう 令和2年6月25日9:30~10:00 ゆうゆうホール 9名
デイサービス 令和2年6月25日17:00~17:30 デイサービスホール 10名

研修目的・内容

「タイムリーな感染症の対応と確実なガウンテクニックの重要性」を掲げ、
ガウンテクニックの課題共有や実践による研修を行いました。

研修を終えて

・今まで“ガウンを着る”ことが目的になっていたことに気づいた。
・確実なガウンテクニックは「感染症対応の第一線で勤める者の責任や役割」であることに気づけた。
・ガウンテクニックの所々で手指衛生を行うことの意味がわかった。徹底することが重要であり、日ごろのケアの中で実践していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です