紫雲寺小学校3年生 認知症サポーター養成講座

 令和2年9月18日(金) 10:40~11:25 に、紫雲寺小学校3年生を対象として『認知症サポーター養成講座』を開催しました。

  折よく、9月18日は、敬老の日(9月21日) 前の最後の登校日でした。
  (※敬老の日:多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、
         長寿を祝う日 by Wikipedia)

 
 認知症サポーター養成講座の内容は、小学生の皆さんに認知症のことを分かりやすく伝えられるよう、言葉を選び、話が長くならないよう工夫しています。
 また、「認知症になった桃太郎おじいさん」の寸劇を通して、楽しみながら認知症の方との接し方を学んでいただけたと感じました。



参加した小学生から
・「認知症と物忘れの違いが分かった」
・「認知症の方と接する時には優しくしたい」
などの感想が聞かれました。

 認知症サポーター養成講座を開催し、小学生の皆さんが一生懸命聞いてくれていた姿を見て、とても嬉しく感じました。認知症を正しく理解し、認知症を患っているいないに関わらず、認知症サポーターとなった小学生の皆さんが、ご高齢の方に優しく接していただきたいと願っています。

~認知症サポーター養成講座とは~

 認知症高齢者等に優しい地域をつくることを目的として、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を養成する講座です。
 全国的に開催しており、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方に受講いただいています。
 受講を希望される方は、お住いの地区の地域包括支援センターや市区町村にご連絡ください。

 紫雲寺・加治川地区にお住まいの方やお勤めの方は、
  新発田北地域包括支援センター:0254ー41-4646
 に、ご連絡下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です